arrow

意外と忙しくない、治験の日程

健康診断に合格すると、晴れて治験に参加することができます。
参加する治験によっては2泊3日や4泊5日、中には10泊11日という長期的なものもあります。
それらの一日一日は一体どのような日程になっているのでしょうか。

実は、そこまで多忙な日程ではありません。数回の検査を受け、残りは自由時間となっています。
自由時間は短くて1時間長くて5時間近くあります。
それが検査が終わるたびに設けられるので、ほぼ自由時間だけと考えてもいいでしょう。

特別何かをする必要はありません。検査をして、病室の中で次の検査を待つ。
ただそれだけの繰り返しになりますので、とても簡単です。

しかし、簡単とは言え、いくつか守らなければいけないことがありますので、何もかもが自由というわけではありません。
治験参加中はルールを守って規則正しく過ごすことが最も大切になります。

漫画、ゲーム、インターネットOK

治験参加中に長い自由時間が設けられるのですが、その間は何をしてもOKです。
漫画を読むのもゲームをするのも、インターネットをして過ごすのも問題ありません。

ゲーム、パソコンは病院によってはある場合とない場合がありますので、事前に確認をとっておくといいでしょう。
また、パソコンを持って行く場合、大きくて重たいので、考慮してから荷物に加えるようにしましょう。
病室内ではテレビがありますので、テレビを見て過ごすのもおすすめです。

基本的には病室の中で上記のように過ごしながら次の検査を待つ形になります。
施設内を自由に過ごせるのですが、外に出ることはできませんし、家族や友達を呼ぶこともできません。
少し窮屈に感じるかもしれませんが、たった数日間の試験ですし、
自由時間がたくさんある上に高い報酬をもらえるので、苦にはならないと思います。

治験中にやってはいけないこと

治験中はいくつもの禁止事項があり、それを守ってもらえない人は途中でも治験の参加を中止されます。
ルール違反をした場合、今後の治験に参加できなくなる可能性がありますので、
今後も治験でお金がほしいと思っている人はきちんとルールを守るようにしましょう。

禁酒・禁煙
まずやってはいけないことですが、当然のことながらお酒を飲むこと、タバコを吸うことは禁止です。
お酒、タバコは治験が始まる1週間前から辞めるようにと通達されることが多いので、
そのまま継続して禁酒、禁煙してもらう形になります。
お酒喫煙禁止
お菓子は食べない
次に、お菓子の摂取の禁止です。 治験参加中は、決まった時間に出される食事以外は口にすることはできません。
スナック菓子やガム、飴などの菓子類の他、インスタントラーメン、おにぎりと言ったようなものも禁止対象になります。
ジュースなども飲めません。治験参加中は水か麦茶しか飲めませんので注意してください。
それに付随する話ですが、食事の時間に出される食事は残さずに全て食べることが絶対になります。残すことのないようにしましょう。
お菓子禁止
外出、運動禁止
他にも、激しい運動をすることや、施設の外に出ることなどが禁止されています。
治験参加中は自由時間がたくさんあるのですが、何もかも自由というわけではないということを覚えていてください。
参加中はたくさんのボランティアが一緒になって集まりますので、周辺の人に迷惑をかけないようにすることも大事です。
マラソンなどの運動禁止
pagetop