治験の収入で生活はどうなる?

2018/06/28:コラム

こんちは!治験についていろいろな豆知識や、収入についてなども過去いくつか話してきました管理人です。

ところで皆さんは、治験の収入でどこまで生活はかわると思いますか??僕の結論は一言、生活はそんなに変わりません。(笑)

というものの、生活費を稼ぐとうよりはお小遣いを稼ぐその日その日を生き抜いて行くぐらいのお金しかもらえません。安定的ではないということですね。

治験の収入での生活が潤うというのはあくまで治験の単価が高い、通院などがそれにあたりますが治験の内容によっては通院が8回もある試験もあるので、それでその間の生活はお金がない人は乗り切るまできりつめた生活をします。はい、それが僕です。(笑)

僕はバイトがあまりすきではなくいわゆる廃人状態、家を一歩もでない(笑)生活を送っていましたので、でるのはちょっとコンビニで食べ物を買ってくるぐらいですね。はい、クズです。

特に治験の日程を最終日になってやっとお金が手に入る!という希望に満ち溢れた感情が生まれます。

だからすぐに手に入ったお金は生活費でまかなえるのはほんの少し。旅行費やちょっとお高めの買い物するし予算がって言うときには結構使える稼げる短期バイトというふうに捉えるほうが気が楽です。

休薬期間がなければいろんな治験を渡りあるきかせげるのになぁっと。

まぁ高い治験があれば数十万というお金がもらえるので生活に回すこともできますがその後の生活はあまりかわらないです。

一覧へ戻る

治験情報ならV-NET
pagetop